ご贈答・お取り寄せ・通販、その他お問い合わせ
トップページ    小野原本店の歴史    ながさきとからすみ    商品のご案内    商品の配送・管理に関して    会社概要

『ながさき と
    からすみ』






『からすみ』は安土桃山時代には日本にあったと言

われています。

元来は舶来品であったからすみが日本で作られる

ようになったのは江戸時代初期だと言われています。

中国から伝来当時より鰆(サワラ)の卵でつくられて

いましたが、長崎半島の先端部に位置する野母崎

地方でよく捕れる鯔(ボラ)の卵で製造することが長

崎の名産品になった由来と伝えられています。




高級食材としても知られる食品ですが、日本三大珍

味とも呼ばれ、名前に由来はその形状が中国製の墨

すなわち唐墨に似ていることから付けられたというの

が定説になっています。


からすみの製法はボラの卵巣の膜を切らないように

取り出し塩を塗りつけ、樽で3~6日漬けた後、

樽から取り出して水洗いし、塩抜きしたものを天日

干しという工程を繰り返して仕上げていきます。

代表的なお召し上がり方は薄く切り分けそのまま食し

てください。軽く炙ると香りが高くなりまた美味しいです。

その他、パスタやお茶漬け等塩気が欲しい料理にご

使用いただけると美味しいです。


今も昔も贈答品としてご愛顧いただいているからすみ

ですが、最近では贈り物の他、通販やお取り寄せなど

で昔よりは身近な存在になってきました。

上記のようなパスタやお茶漬け等食卓にて喜ばれる

からすみでありたいと思います。